燦キャピタルマネージメント IRセミナー


あの、燦キャピタルマネージメント株式会社がついに、源太塾に。

数々の試練を乗り越え、黒字化を発表した
代表 前田健司氏からの
熱いメッセージをお聞きください。

あなたは、燦キャピタルマネージメント株式会社のことを知っていますか?

今年に入って発表されたパブリックニュースの一部を抜粋しました。

8月14日発表 18年3月期第1四半期(4-6月)

3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は2億2900万円の黒字と発表。実に8年ぶりの黒字化。そして、 通期を4.2倍上方修正と併せて発表し、従来予想の5300万円の黒字から2億2300万円の黒字(前期は3億2200万円の赤字)と発表している。

安定収益事業に特化

バイオマス発電用燃料供給事業化を着実に実行している燦キャピタルマネージメント。海外、日本で、木質ペレット・チップの燃料製造工場と用地をM&Aにて確保し安定的収益事業を確保。更なる事業展開を。| 有限会社美土里M&A(木質チップ) | TRANG-BIOMASS社M&A(木質ペレット) |

発電事業に参入

燦キャピタルマネージメントは、574,000㎡の土地を確保し発電事業(太陽光発電)に参入。20年間で獲得する総額10億円を超える安定事業収入を確保する。| 有限会社ラ・ベリータM&A(太陽光発電関連事業 不動産賃貸業) |

堅調な不動産売買取引

4月設立の100%子会社であるサンエステート株式会社の不動産売買報告。6月は5件、8月は2件 収益の総額は、7300万円。首都圏及び関西圏の不動産情報及び宿坊・古民家等の情報並びに売却先の投資家情報を基に、主に資産運用向け不動産売買事業とインバウンド向け宿泊関連不動産事業として、不動産の仕入・販売及び仲介業務を行っている。| 2017年6月30日売買発表資料 | 2017年8月31日売買発表資料 | 子会社設立発表資料 | 

新たな投資資金を取り込む

新浪日本微博株式会社および新浪日本不動産株式会社と投資マネジメント事業に関する業務提携を契約締結した、燦キャピタルマネージメントは、日本国内の不動産および太陽光発電等の投資事業を中国投資家に対してマネジメント事業を始める。新浪日本微博株式会社とは、中国最大ポータルサイト運営(1日12億ページビュー)の新浪(Sina)と中国最大のSNS(ユーザー数7億以上)を運営している微博(Weibo)の広告・PRの独占販売権を有している。| 業務提携契約締結のお知らせ発表資料 |

急回復を遂げた燦キャピタルマネージメント

源太塾IRセミナーでは、この躍進が期待される企業 燦キャピタルマネージメント株式会社のIRセミナーを開催させて頂きます。

株価は4月12日に上場来安値57円からリバウンド、7月18日には、108円を付けて、直近は、80円台の動き。

実に、8年ぶりの黒字化を発表した同社は、通期の黒字化も発表している。

企業の事業改革を行い、様々な試練と問題を解決してきた
代表取締役社長 前田健司氏が思い描く
これからの燦キャピタルマネージメント株式会社の
可能性と未来を語って頂きます。

企業からの熱いメッセージをお聞きくださいませ。

燦キャピタルマネージメント株式会社
代表取締役社長 前田健司氏
セミナー講師

本田技研工業株式会社の創業者・本田宗一郎翁の言葉で「成功者は、例え不運な事態に見舞われても、この試練を乗り越えたら、必ず成功すると考えている。そして、最後まで諦めなかった人間が、成功しているのである。」 という言葉を、今、私たち経営陣は、改めて、噛みしめています。

user

-経歴-
・1989年 4月 オリックス株式会社入社
・1997年 4月 同社退社
・1997年 5月 ワイトレーディング株式会社
      (現燦キャピタルマネージメント株式会社)代表取締役社長就任(現任)
・2003年12月 SUNRe XISInc .有限会社取締役就任
・2007年 3月 一般社団法人鳥取カントリー倶楽部代表理事就任(現任)
・2007年11月 株式会社グランドホテル松任代表取締役社長就任
・2008年10月 日本プロパティ開発株式会社取締役就任
・2008年11月 燦キャピタルマネージメント株式会社役員持株会理事長就任(現任)
・2009年 6月 大阪投資マネージメント株式会社代表取締役社長就任
・2012年 1月 燦HE株式会社(現燦フーズ株式会社)代表取締役社長就任(現任)
・2012年 3月 鳥取カントリー倶楽部株式会社代表取締役社長就任
・2013年 2月 鳥取カントリー倶楽部株式会社代表取締役会長就任(現任)
・2014年 6月 燦キャピタルマネージメント株式会社最高経営責任者(現任)

株式会社新生ジャパン投資
投資インストラクター
大岩川 源太氏
基調講演

株式市場に関わり36年。世界経済状況から企業の内容をリサーチし独自の理論で運用技術を展開する 毎度、お馴染みの、大岩川源太です。今回の基調講演は、毎回、源太塾セミナーで講演を行っている内容の続き。何をポイントに運用スタイルを決め実行するのか、源太の投資理論と投資技術を、皆さまの投資手法の一つとして、お聞きください。

user

-プロフィール-
株式会社 新生ジャパン投資 投資インストラクター 大岩川源太 (おおいわがわ げんた)
1958年生まれ。山口県出身。桃山学院大学卒。
1981年4月大阪の老舗、今川証券(現リテラクレア証券)入社。今川証券(現リテアクレア証券)法人担当営業で大口投資家の投資手法を学び、個人営業、株式ディーラー、事業法人・金融法人、公的年金の運用部担当を経験。
1997年2月、株式会社アセットレボリューションを設立。当時、インターネットを主体に投資顧問業を行うところは珍しくネットでは先駆け的存在として、知られている。国内証券会社勤務の経験から、外資大口投資家の動向を熟知しており、機関投資家の行動心理を分析した独自の観測手法を確立し株式市場はもとより為替、政治、外交政策、世界経済の動向を左右する地政学上の問題などを得意としている。
その他
BS放送の「源太の即効投資戦略」(2004年10月~2006年2月放送)のレギュラー司会を担当。
経済番組の「オリラジ経済白書」にも出演、独特の分析と口調で話題になる。
ネット媒体での活動は、日経マネーデジタル「大岩川源太の『株・1WEEK』」
毎年製作の「投資カレンダー」は、「ポイントの日」により相場の転換点を指摘して投資家の人気アイテムとなっており、Amazonランキングカレンダー部門では、AKBやグラビアアイドル、声優のカレンダーと並ぶ売上げを誇り、専門知識を盛り込んだカレンダーとしては販売順位でトップを取る。
現在、「源太のデイトレLIVE」をライブ放送、源太塾の塾頭として、源太塾セミナーを行っている。
ラジオNIKKEI にて、「源太緑星株教室」のメインパーソナリティー。

参加される方へ

当IRセミナーの参加費は必要ありません。
会場の席数確保の為、参加申込が必要ですが、
無料で参加できます。

参加の皆さま、この機会に、
文字では伝わらない
企業のリアルな実情を是非お聞きください。


皆さまの参加をお待ちいたしております。