鹿島健闘

鹿島の試合見ながら「行ける」と思った時が限界でした。この相場は今は「判らない」から強いのですが、その強さが少しずつ分かるようになって来ました。今回のきっかけの大きな部分は外資系の買いでして、売ってたものの買い戻しもありますが、日本株投資比率の大幅なアップにあります。GSなんかが増やし方倍近いからトランプさんの側近とか考えたらありますよね。

そういう事が徐々にわかると「上がる」と思ってしまうのですが、根本的には自分は日本の経済の状況にあると見ています。多くの識者が日本の経済に期待をしていますが、指数的には休んでも仕方がないと思っているのであり、そうした傾向は根底で良くなっているのかもしれません。数字には無いですが。

まあ、円安などの為替が止まってそこから足元再度見たいのですが、この為替の速さが落ち着きがなく、そこに日銀が買う必要あるのかと思う連続の介入。本来の意味を超えて来たという事です。仕手本尊みたいなもの。まあ、これをはじめから「仕込まれた物」という人がいますが、それじゃつまらん相場です。

自己流で行きます。

3778さくら、3962チェンジ、3356テリロジー

連騰ですって。

強いですねぇ。そこまでは言えるんですが、「だからどう」って上げ方だけに言いようがないです。べた凪の後場でしたが、メタップスやFFRIとかが動き出して、材料株風にはなるんですが、全部がとはいかず、本質的な資金の無さを感じます。ディーラーは潤滑ですが週末で手出しし難いし、個人投資家は個別は安いと思っても、全体の高さから保守的に動きますからね。

一方で指数は今日は何やらセッティングしていましたから、迂闊に動けないし、空売りも多いし、商い最終も近く、クリスマスに出勤ってことにはなりたくはない外人。来週の4日は非常に面白くなります。そこで日銀やGPIFで支えられたら市場は良いとしても中身が怖いですよね。

まあ、上がると割り切れば問題ない市場ですが、現在のところ明らかに今後は不透明。需給の切れ間が縁の切れ目とならないように、良く見ながらタイミング測りましょう。トランプ氏が就任する日から逆算的な見方で行きましょう。

3356テリロジー、3778さくらインターネット、3742ITBOOK

答えなんか判るかいな。

日本人が意志をもって動いているならばそりゃイタリア問題は気になるでしょう。しかし、多くの運用者は「夕方のEUの動き見なきゃ」というのでしょうし、結局は「今晩のNYだ!」って感じだと見ます。ですから、判らないのにバタバタしてる感じでうまくロールオーバーされているような感じがあります。トランプさんについて色々諸説ありますが、結局は民主党のミスから来た需給バランスの問題で、何やら言われていますがSQ済んだら、また、新たな何かになるんじゃないかと思っています。

下がる個別に上がってた日経平均、突発的に上がるが信頼の無い個別となると、精神的に今週は「どこかで売らなきゃ」というのが頭の中を占有していますし、イタリアの事が無くっても今日は指数は判らなくても、個別は売ろうとしていた人が多かったんじゃないかとなります。だとしたら、前場途中から急騰してきたものが残るとこの市場は個人が持ち直していますし、続かないようで下がった人気者が戻るようならば余り良くは無いんですよね。

めんどくさい相場だなぁ。

2379ディップ、1726BR、5216倉元

肝試し相場

理由はともかく高値保ち合いが続くNY。日本の方は持ち前の弱気の虫が出て来て「いつかは下がる」という中での売り方の肝試し相場。週末の米国の雇用など見ても日本株買いに来る兆しはなく、買い要因には反応しないが、売り要因クリアしたら買いが入るといった具合。イタリアの選挙が済めがまた怖いと思うと今日辺りも気が気じゃないでしょう。

要するに、肌で感じる強さは否定できないのですが、常識から来る上げすぎで納得がいかないのです。ですから、業績などが良くなるとかの事実が欲しいし、トランプさんが何を本当にするのか確認したいのです。よって、業績が云々は理由にならず、日本の銀行が緩和策受けた訳じゃないのに低PBR株を違う理由で評価し始めています。ただただ、売り要因がクリアされたら上がる心理戦になっているのです。

こうした傾向は化学や繊維、金属にもあったんですが、その代償で動きが鈍い軽量株が売られ続けるのです。が、動きの良い軽量はここにきて一気に形が出来ていますよね。ですから、結局は気の持ち様であり、下がる株式も中身が悪い物は仕方がないですが、中身ある物が売られるのは需給改善まで我慢していかなきゃ仕方がないんです。

3663大黒屋、3002グンゼ、3941レンゴー

良く見る日

運用資金の性格が変わり始めたと書いてきた一週間。昨日はさすがに主力がと思いましたが、やっぱり、少し質が違いますよね。それと口では「強い」という人が多いですが、じゃ素直にど真ん中を買うのかというとそうではなく、位置的に難しいから端や変化を狙うような商いが多いです。まあ、そういう相場なんでしょうね。

こういう時はとにかく売り買いの流れが要るのでして、買い方の少しの変化が後々の大きな喜びを生んでくれます。売られ方や買われ方をよく見ましょう。言えることは、連続性やしぶとさが出たことや素直に買戻しをし始めたことが非常に大きな部分。強いと思うから買い戻しなんでしょうが、下がり難さを感じている人は多いと思います。

それでいて何かがうまく行かなきゃ下がるという風な風潮があるんですが、FRBが金利上げ始めた時の影響というのを少し考えてみたいですね。今日は週末で売って帰りたい人が多いと思いますが、そんな中、物色対象を考える日です。

3663大黒屋、4585UMNファーマ、3941レンゴー