大納会!

ここでの波乱は効くんですよね。元々、いつかは下落すると思っている投資家は、新春の相場も難しいから買いの手が鈍っていますし、新春から相場が変わることは多々あるので。根本的にはこの市場はトランプ相場ならば米国製造業の決算弱気見通しが重石になっていますし、高い賃金が重くのしかかる状況にあります。

しかし、これをグレートローテーションと読んだ時は下値も限定的であり、運用の無さから株式が選ばれる流れであります。その時は$高から来る恩恵で日本株は有利に展開すると思って良いんですよね。従って、この場面で大事なのは需給のタイミングだからこの休みが多い時間帯は動き難いと考える方が正しいという事になります。

いずれにしても個人投資家が確りとした投資をすれば問題は無いのですが、その個人の気持ちが揺れているし、回転が速いから最終持ちにしたくないと感じたら売りが売りを呼ぶような非常に難しい地合いになります。ですから、自分は注目の少ない株式れ地味な物をとここは考えます。

3742ITBOOK、6838多摩川、3903グミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です