それでも慎重に

自分達は週末、資産的に勝負しているタイプ以外は減らして絞り込みました。一方、NYが圧倒
的な強さ。やったことは仕方がないですね、紙一重の状況ですから。他国を叩いて米国が良く
なるという状況だから仕方がないでしょう。ただ、紙一重というのはトランプ氏が日本の為替
安誘導を意識しているのは事実で、そういう時に今まで我慢していた指値オペを日銀が行った
ことはちょっと市場は落ち着きましたが微妙なんです。ですから、この場面は上がるとして軽
めにしておいて、いろいろな市場に対応できるようにしておきたいのです。まあ、懸念は意外
に二国間協議が終われば悪材料出尽くしなんてなるんですがね。

読みの甘さはポジション調整的な売り、NYに資金回帰と言いながら用心てしまった事、そし
て、マティス国防長官が訪日中でトランプさんはセールスマンだった事でおかしな言及はない
tp見るべきで相場としたら間違っていたかもしれないです。でも、運用というのはそうした時
でも常に自由に出来る状況にしておく癖があるんです。雇用統計がまあまあの数字でも為替が
動かないから、こうした懸念は払しょくされていないし、EU首脳がトランプ氏の発言につい
て、一部懸念とともに場合によっては「黙っていない」と話しているんです。

米国とEUが問題になったら日本はどうするつもりですか?いずれにしても輸出総額は変わりそ
うですよね。。米国は2万ドルに乗りましたが、日本は19000円の攻防。2万円に乗る乗らない
の話をしていたんですがねぇ。向こうの調整は日本の下落って事です。

3228三栄建設、7294ヨロズ、7721東京計器

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です